背中の白ニキビの原因と治し方!芯を指で押し出すのはNG?

いつの間にか背中にポツポツ出来てしまった白ニキビ、このまま放っておくわけにはいきませんよね。

白ニキビはニキビとしては初期段階。まだ赤ニキビや黄ニキビのように炎症が起こっていない状態なので、病院にかからず自宅でもコツコツとケアをすればキレイに治せる余地はあります。

 

なので、できればこの段階で出来る限りきちんと治しておきたいところでしょう。

 

また、白ニキビが出来てしまう原因を振り返り、きちんと治した後には再発しないように原因から取り除いていく努力も必要になると思います。

 

それと、ニキビの治し方は薬を使ったものから様々な方法が広まっており、その中には「物理的に芯を押し出してしまったほうが良い」みたいな本当なのか悩んでしまうものもありますよね。

こういった情報が正しいのかどうかと言った情報も筆者の経験をもとにまとめていきますので、背中ニキビに悩んでいる方はぜひ一度ご確認下さいね!

スポンサーリンク

背中ニキビの原因は?

ニキビが背中にできてしまう原因としてはいくつか考えられますが、思春期ニキビではなく大人になってニキビが出来る「大人ニキビ」の場合、原因はホルモンバランスの乱れやその原因にもなるストレス、また体調の変化などによるものだと考えられます。

 

私の場合はおそらく体調の問題もあるのでしょうが、皮膚科でお話をうかがって見たところ、お肌に住む常在菌が悪性のようになってニキビを生み出していたようなんです。恐ろしい…。

 

また、ストレスを受けると自律神経が乱れて交感神経が優位の状態となりその影響で男性ホルモンが多く分泌されます。

これがホルモンバランスの乱れに繋がり、皮脂の過剰分泌や角栓を作る原因となってしまうのです。

ニキビ発生の第一段階は、肌の乾燥、睡眠不足や疲労といった物理的ストレス、そして精神的ストレスです。強いストレスを受けると、自律神経のうち交感神経が活発になります。交感神経が優位の状態になると男性ホルモンが過剰分泌され、本来のホルモンバランスが乱れてしまうという問題が発生します。男性ホルモンには、皮脂分泌の促進、角栓の発生、さらには毛穴の縮小を引き起こす性質があります。
(引用元 スキンケア大学:http://www.skincare-univ.com/article/009305/)

 

だから、背中ニキビの発生原因としては、

 

  • ストレスによるもの
  • 生活習慣によるもの
  • 体質や原因菌によるもの

など、本当に様々であることがいえます。

 

その他の原因としてシャンプーやボディーソープなどのすすぎが足りず薬剤が残ってしまい、毛穴が塞がれることによって背中ニキビとなる可能性もあります。

また寝具(パジャマやシーツなど)が不衛生な状態ですとやはり雑菌が繁殖する原因となり、そのシーツなどの上で寝ることで菌による炎症が起こることも考えられます。

 

すすぎ残しやシーツなどの衛生に関しては毎日の生活で気をつけることですが、ストレスやホルモンバランスの乱れが原因だと考えられる場合もありますね。

 

ストレス解消はもちろんですが、
規則正しい生活や、野菜やビタミンを
積極的にとる食習慣なんかも大事でしょう。

 

そういった場合は出来るだけその原因を取り除く、また和らげるなどの対策を行うことでニキビの原因を減らし、ニキビになることを抑えていきましょう!

スポンサーリンク

白ニキビとは

白ニキビはニキビの初期段階とも言える状態で、角質などが詰まったものの表面は閉じている状態です。

 

よく「毛穴パック」といった製品が売られていますが、まさにアレで取れるような、白や黄色のトゲトゲとしたものがまさに白ニキビにあたります。

また、背中ニキビの白ニキビは、手を背中に回し触ったときに「ザラザラ、プツプツ」という感じのさわり心地になっています。

白ニキビ – 毛穴に皮脂が詰まる。患部が薄い皮膜で覆われて表面はまだ閉じており、発疹は白から乳白色。
(引用元 Wikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8B%E5%B8%B8%E6%80%A7%E3%81%96%E7%98%A1)

名前の通り、まだ見た目も白く、目立たず気付かず進行してしまうことも多いですが、この段階で適切なケアができれば悪化することもなく治すことが可能です。

 

逆に、放ったままにしておいたり、間違った処置をしてしまうと悪化して赤ニキビや黄ニキビ、黒ニキビになってしまう可能性もあるという事なので注意しましょう。

 

自然治癒する可能性もある段階ではありますが、悪化させてしまうと黒く目立つ「黒ニキビ」となってしまいますし、この段階で治したほうが当然早くきれいに治ります。

 

では、どのようにして白ニキビを治していけばいいのか?

 

根本の解決方法をチェックしていってみましょう。

背中の白ニキビの治し方

ニキビの適切なケアとは

  • 「正しい洗浄方法による皮膚の清潔」
  • 「保湿」

のことを指します。

 

背中の洗浄は入浴時になると思いますが、タオルで無理矢理こするとニキビを刺激し炎症を起こす原因ともなってしまいます。

刺激を与えないように丁寧に洗ってしっかりすすぎ、全身用の化粧水などでしっかり保湿しておきましょう。

またシャンプーの成分である「シリコン」は、髪にはサラサラつやつやの効果を与えますが、毛穴を塞いでしまう可能性もあります。

ノンシリコンタイプのシャンプーに切り替えるというのも方法の一つです。

パジャマなど寝具をしっかり清潔に保つことも大切ですので、できれば毎日洗っておくと良いですね。

また身体の内側から治す、
つまり食生活の見直しも
行っておきましょう。

ニキビに良い食べ物は以下のようになっていますので、毎日の生活に取り込みやすいものを少しずつでも取り入れることをおすすめします。

ニキビに有効な栄養素
<ビタミンA>にんじん、ホウレンソウ、カボチャ、しその葉、うなぎ、レバーなど
毛穴の詰まりを解消し、お肌のターンオーバーを促す。また、皮膚や粘膜のうるおいを保つ。

<ビタミンB₂>卵、乳製品、レバー、うなぎ、藻類など
角化を調整し、皮脂の分泌を抑制する。肌の状態を正常に保つ。

<ビタミンB₆>まぐろ、かつお、鶏ササミ、にんにくなど
新陳代謝を促し、新しい肌の形成に関わる。ビタミンB₂と共に皮脂の分泌を抑制する。

<ビタミンC>緑黄色野菜、果実、芋類など
コラーゲン線維の生成促進、メラニンの生成抑制、抗酸化作用で美肌を保つ。

<ビタミンE>レバー、うなぎ、かつお、緑黄色野菜など
高い抗酸化作用を持ち、血液の循環を改善する。ビタミンCとの相乗効果が高い。

<ミネラル>
カルシウム…チーズ、牛乳、キャベツ、にんじん、イチゴなど
マグネシウム…穀物、昆布など
亜鉛…牡蠣、カシューナッツなど
ホルモンバランスを整える、お肌のターンオーバーを促進する。

<コラーゲン>鶏皮、鶏軟骨、牛筋肉など
アミノ酸として吸収され、新しいお肌を作る材料となる。酸素や栄養素を細胞に届ける。

<食物繊維>サツマイモ、ごぼう、キノコ類、豆類、藻類
便秘や肥満の予防、脂質代謝を調整する。
(引用元 スキンケア大学:http://www.skincare-univ.com/article/000172/)

 

とはいっても、

毎日高単価な食品ばかり食べる訳にもいきませんよね。

 

そのため筆者はスーパーなどで比較的容易・安価に手に入る商品をということで、

  • レバー
  • 人参
  • ヨーグルト
  • 鶏ささみ
  • にんにく
  • ピーマン
  • モロヘイヤ

あたりのものを意識的に購入、摂取するようにしています。

 

このあたりの食材で和・洋・中の食品はだいたいカバーできますし、今のところ「飽きた」という感じもなくいいですよ。

おまけに低カロリーなので健康にもいいですし。笑

 

 

また「脂質や糖質を取りすぎるとニキビになる」という話はよく耳にすると思います(揚げ物やチョコレートなど)。

こういった食べ物とニキビの直接の関係性は実は分かっていないのですが、皮脂の主成分のひとつ「トリグリセリド」の増加に繋がっている可能性はあります。

やっぱり出来るだけ控えておく、過剰に取りすぎないようにするといった注意はしておいたほうが安心ですね。

 

もちろん逆に摂取しなさすぎもよくありません。脂質や糖分は必要量を摂取しなければ脳に栄養がいかず集中力も低下します。

ストレスを抱えて余計ニキビが悪化……なんてことにもなりかねませんので、さじ加減を注意しておきましょう。

芯を指で押し出して良いの?

まず最初に答えを言いますよ。

結論から言うと、

「指で押し出すのは基本的にNG」

となります。

 

皮膚科を受診するとニキビの芯を取る場合もありますが、そもそもニキビを潰すという行為自体医師によってもそれぞれ違うくらい賛否両論があります。

とはいえ、まとめると「炎症を起こしていない白ニキビ・黒ニキビの間は潰して芯を取っても良い」というものが一般的です。

 

ではどうして指で取るのが良くないのかというと

「指はやはり雑菌などが付着しやすく、芯を取るということは傷を作って押し出しているから悪化させる可能性がある」

ということですね。

 

筆者の場合は自宅で
押し出したりしてもらっていましたが
基本的に衛生的に自信のない場合については
押し出さないほうがいいでしょう。

 

また、指で皮脂を押し出すことと、皮脂が過剰に発生している根本の原因はまた異なりますので、そこだけは注意しておいてくださいね。

 

それに…

自然治癒も可能な状態の白ニキビは表面が閉じている状態ですから、詰まった芯を取るということは傷を作ることになります。

傷をつける際に雑菌のついた指を使ってしまうと、そのために炎症……赤ニキビに進んでしまう可能性があるわけです。

 

ニキビの芯は専用品を使って押し出そう!

もしも手で取れそうなニキビの芯があって、でも手じゃあ患部を汚して悪化させかねないな、という場合には専用品を使用しましょう。

どうやって取るのが良いのかというと、通販サイトなどでも販売されている「コメドプッシャー」というニキビの芯を取るための専用道具を使うほうが安全、だということです。

 

ちなみにコメド(芯)を取るときにおすすめなアイテムはこちら。

筆者も使っていますが、他の類似品よりも非常に気持ちよくとれます。

(※詳細は下の画像をクリック)

 

この製品は毛抜きとセットになっており、ニキビの芯を出す用途で使いながら眉毛のお手入れもついでにできるのも◎です。

毛抜き部分はさすが日本製ということで百発百中で毛を引っこ抜くことができますよ。

 

角栓やニキビの芯を出すときには、反対側についている「糸通し」のような見た目の部分を患部に押し当てます。

 

この丸みのある先端のほうを背中の白ニキビの出ている部分に押し当てます。

 

こんな感じですね。

ちなみにこの時には馬鹿力で肌にギューと押し当てるのではなく、スッと押さえ込むような形でやるのが理想です。

 

あんまり強くやると、跡になりますからね。

 

また、

消毒をきちんとして保管しておけばひとつあるだけで長く使えます。

筆者も何年も同じ製品を使っていますが、さすが日本製!毛抜きの部分のかみ合わせも狂わず非常に優秀です。

 

家庭内でニキビの芯を取ろうという場合は安全のためにも、こういった専用の器具を使うようにしておきましょう!

まとめ

白ニキビはニキビとしては初期段階ですので、保湿と清潔、場合によっては芯を適切に取ることで自宅でのケアも比較的簡単に行なえます。

ここでケアを間違ってしまったり、放置すると悪化し炎症などを起こす赤ニキビになる可能性もあります。

決して油断せず早いうちにきれいに治すことをおすすめします。

芯を押し出す場合も指でつぶしてしまわず、出来るだけ専用器具を使うようにしてくださいね。

ニキビの原因から可能性を見つけ、ニキビをそもそも作らないようにしていくことも大切です。

ストレスの解消や食生活の改善など、出来るところからはじめていきましょう!


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*