背中ニキビは胃腸や内臓の病気が原因?効果的な治し方や体質改善方法は?

「背中ニキビのケアをずっと続けているのに、なかなか背中ニキビが消えない……」

こんな悩みを持ち続けている場合、実はぜんぜん違う原因……例えば

「病気」

が原因で、背中ニキビが治らないという可能性も考えておいたほうが良いかもしれません。

胃腸や内臓の病気が原因で背中ニキビが出来ることもありますので、正しいケアを行っていても改善しない場合は注意したほうが良いんですね。

ニキビなどを含む「肌荒れは内臓の病気のサインのひとつである」というのは、昔から言われています。

どういった病気や身体の不調があるのか、その場合の治し方や体質を改善していく方法なども見ていきましょう!

スポンサーリンク

どうして内臓の不調が背中ニキビに繋がるの?

背中ニキビの原因が内臓かもしれないというお話は最初にしましたが、背中ニキビが関わる内臓として特に考えられるのは

  • 胃腸
  • 肝臓
  • 腎臓

この3つになります。

これらの臓器の大切な役割として「解毒」「代謝」「排出」などがあり、内臓の機能が低下してしまうと血液が滞留してきれいにならず、老廃物を溜め込んでしまいます。

老廃物を溜め込んで血液の純度が下がってしまうと、皮脂の詰まりを起こす可能性も高くなるんですね。

 

また加齢によっても内臓の働きは衰えていきますので、若い頃と比べて老廃物などを排出する機能はどうしても衰えてしまいます。

その変化に気づかないまま同じような食生活を続けてしまうと、やっぱり胃腸などへの負担が増し、背中ニキビに繋がってしまう可能性があります。

具体的なそれぞれの内臓の機能と影響についてもまとめましたので、自分自身の状況を踏まえて確認してみましょう!

胃腸の調子が悪い場合

胃腸はご存知の通り「消化」を行い、栄養を吸収する臓器です。

消化不良を起こすと栄養の吸収も妨げられ、例えば背中ニキビにとって有効なビタミンなども吸収がしにくくなってしまうんですね。

ビタミンはニキビを作らなくする、代謝を良くするという意味でも大切な栄養ですので、吸収しにくい状況はそのまま

「ニキビの発生」

に繋がってしまうんです。

また消化不良は便秘などにも繋がり、それは腸内環境の悪化にも関係してしまいます。

腸内環境が悪化すると悪玉菌が増え、お腹や皮膚のトラブルの発生の元になり、ここからニキビへと繋がります。

肝臓の調子が悪い場合

たびたび取り上げられるメジャーな臓器ですね。

肝臓はアルコールの分解など「解毒」が主な働きの臓器で、解毒がうまく作用しないと免疫力の低下、肌荒れなどを招いてしまう原因になります。

免疫力の低下は菌に対する抵抗力の低下とも言えますので、ニキビの元となるアクネ菌などへの抵抗力も低下した状態になります。

腎臓の調子が悪い場合

身体の毒素を濾し取り、分解する力をもつ隠れた名脇役です。

腎臓は老廃物の排出を行う働きがあり、この働きが衰えると老廃物を溜め込み、身体に毒素を溜め込んでしまう原因となります。

毒素が溜まると血液循環などにも影響しますので、やっぱり背中ニキビの原因になってしまいます。

スポンサーリンク

違う皮膚病の可能性も!

内臓とは違いますが、ニキビケアを行ってもまったく改善がなく、内臓も特に問題がなさそうという場合は

「マラセチア毛包炎」

という皮膚病である可能性を考えたほうが良いでしょう。

 

マラセチア毛包炎はニキビとよく似た吹き出物などが発生する皮膚病ですが、正直なところ、ニキビとの区別がつけにくいという特徴があります。

マラセチア毛包炎の場合は「マラセチア真菌」という菌が原因で起こっている皮膚病ですので、ニキビケアと同じ方法では治りません。

マラセチア毛包炎が疑われる場合は皮膚科へ行き、医師の診察を受けて判断してもらいましょう!

ちなみにマラセチア毛包炎だった場合は抗真菌薬で改善が可能です(私の場合はダラシンTという抗生剤をいただきました)ので、診察をためらっているよりは一度相談してみることをおすすめします。

内臓機能が低下する原因

「内臓が原因で背中ニキビになっている可能性があるのは分かったけれど、その原因は……?」

という答えですが、大きく考えられるものとしてまず2つ、

  • 寝不足
  • ストレス
  • 食生活

などが挙げられます。

思い当たる大きな原因や痛みがなくとも、この2つの原因によって内臓の機能は低下し、背中ニキビに繋がる可能性があるんですね。

特に肝臓は毒素を解毒し不要なものを排出する大切な臓器で、

「働きが低下してきてもなかなか気づかない、またそのまま悪化させてしまう」

という特徴もあります。

ニキビ改善の要素として

  • 規則正しい生活・食生活
  • ストレスを溜め込まない

と言うものもあります。

ストレスは溜め込んでしまうとホルモンバランスを乱し、それが自律神経などにも悪影響を与えてしまいます。

また男性ホルモンが過剰になると皮脂の分泌が増え、皮脂の詰まりが発生する可能性も上がります。

まずはこういった原因がないかどうかを自分の生活を振り返り、チェックしてみることが大切ですね!

ニキビ対策には内臓をねぎらおう!

内臓に原因があると思ったら、内臓を労り、働く機能を改善していく必要があります。

原因が分かったのですから対策もそれに合わせて考えると分かりやすく、

  • 生活習慣の見直し
  • 食生活の見直し
  • ストレス解消

こういったものになりますね!

脂っこい食事やジャンクフード中心の食生活では、どうしても内蔵に負担がかかります。

バランスの良い食生活……具体的によく言われるものとしては

「必要栄養素は1日30品目」

なんてのもありますね。

ただ、毎日のように数百グラムの野菜を摂取するのは、いささか難しいと思われます。お金もかかりますからね。

実際に毎日30品目摂っていこうと思うと想像以上に大変ですので、ミネラルやビタミンB群など肌にとって大切な成分は、サプリメントなどを使っていくことも考えておくことをオススメします

ストレスを溜め込まないこと、睡眠時間はきちんと確保することなどももちろん内蔵をいたわるために大切なことですので、出来るところから改善していきましょう!

生活を見直して背中ニキビを解消!

内臓系の負担は肌荒れにすぐ反映されるという経験は、自分自身でも持っている方が多いのではないでしょうか。

私も以前ジャンクフードばかりの一日を過ごしたことがあり、次の日あまりに肌が荒れていてギョッとした経験があります……そのくらい、一気に影響が出ることすらありえるんですよね。

このくらい内臓と肌は密接した関係にありますので、背中ニキビが治らない場合は内蔵に負担がかかっていることも考えてみましょう。

生活習慣の見直しなどはどちらにしてもニキビ対策・ニキビ予防になりますので、少しずつでも改善し、良い習慣にしていけると良いですね!


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*