背中ニキビのイオン導入器の効果や副作用は?ベストな使い方とグッズも

エイジングケアや美白ケアとして広まっている「イオン導入器(またの名を美顔器)」ですが、背中ニキビの治療にも有効という噂も広まっていますよね。

理由としては、ニキビ予防に有効とされるビタミンCを、肌だけでなく背中にもさせることは理論上可能だからですね。

 

また、医療機関でイオン導入を有効活用しているところもあり、「もし効果があるとしたら試したい」という方も多いのではないかなと。

個人的にも、ニキビは治ったものの、ニキビ跡を治すときなどには結構使えそうでは?と思ってます。あとは、背中に届かないので人にやってもらわなければならない、という課題がありますが…笑

 

それに、

イオン導入器を買うとなると少なくとも~3000円の出費は必要となりますし、また専門の機関で施術してもらうとすると、更に高額な出費が必要となります。

 

また「効果が高かったとしても副作用があったら?」なんて考えると、どうしてもとまどってしまいますよね。

イオン導入器と言えば「顔に使うもの」というイメージがありますし、背中に使っても大丈夫なのかという疑問もあります。

安いものではありませんし、私も試す前にきちんと調べておきたいと思い、今回調査してみました!

その結果

  • 効果があるのか
  • 副作用はあるのか
  • 使い方など

こういった面を中心に、背中ニキビケアにおすすめのグッズなども含めてお話していきたいと思います!

スポンサーリンク

イオン導入器とは?仕組みはいたってシンプル

電気屋さんにも最近ではよく置かれることになったイオン導入器。

こういった製品にまで手をだすといよいよ本格的に美容に目覚めそうなのですが、はたしてどういうものなのか。改めてチェックしていってみましょう。

 

イオン導入器は美容成分が肌へよりしっかり浸透するために使われる器具で、エイジングケアや美白ケア、そして

「ニキビ・ニキビ跡」

の治療にも使われています。

 

 

実際の市販商品をチェックしてみると、こういったものがメジャーですね。

また、上でも書いてあるとおり、「美顔器」なんて名前で紹介されることもあり、字のごとく顔をキレイにするアイテムとして紹介されることが多いです。

でも、言葉通り美顔になるって、ほんまかいな?実際どうやってキレイになるの?

って思うこともありません?

そこで、改めて調べてみましたよ。
 

 

ビタミンCなどの美肌成分を肌に塗り、微弱な電流を流すことで肌表面の成分をイオン化させ、肌の内側まで浸透させる方法です。

通常、ビタミンCやプラセンタなどの美容液はそのまま皮膚に塗り込んでも角質層まで浸透しない→つまりこのイオン導入器によって深くまで美容液を浸透させられるという事ですね。

 

ちなみに電流は、家庭用のイオン導入器ですと単3の乾電池2本を使います。

つまりだいたい3Vぐらいの電流。

 

私も使ってみましたが、

この電流をお肌に当てるとビリッ!!
っとすることもなく、感覚では
そこまで何の変化も無いように感じますね。

 

で、電池を使うことで保湿成分の状態を変えるのです。

あまり本題ではないので、
あくまでもざっくりとした話となりますが

 

通常=プラスとマイナスのイオン状態

イオン導入器を使用=両方ともマイナスイオンの状態となり、反発せず皮膚の角質層まで浸透させる

 

という感じにするのです。

これによりお肌をより健やかに保つ効果が期待でき、よりツヤツヤになるというわけです。

 

ビタミンCは美白効果、皮脂の過剰分泌を抑える効果、
コラーゲンを作ったり炎症を抑える効果があります。

 

コラーゲンは肌のターンオーバーの正常化を促す作用などがあり、こういった成分をイオン導入器を使ってしっかり浸透させることで、ニキビやニキビ跡に効果を発揮するのですね。

このようにイオン化して内側まで浸透させることで、普通に化粧品などを肌に塗ったときよりも更に高い効果を得ることができるんです

ニキビの治療やニキビ跡に効果があるだけではなく、ニキビの予防にも有効だとされているくらい、効果は非常に高いです。

スポンサーリンク

イオン導入器でお肌に導入できる成分は?

イオン導入器自体は微弱電流を流して成分をイオン化させるものですので、有効成分は別に用意する必要があります。

どういった成分を導入するとニキビに有効なのかについては、以下のようになっています!

ビタミンC

ビタミンCは美白効果、皮脂の過剰分泌を抑える効果があり、ニキビケアでは最も使われている成分です。

またビタミンCはこれ以外にも、コラーゲンを作ったり炎症を抑える作用があります。

プラセンタエキス

プラセンタエキスは美白成分、ハリを作る成分として広く知られています。

また色素沈着によるニキビ跡、肌のターンオーバーを促してニキビ跡を改善する、線維芽細胞を活性化させてニキビ跡を改善するなどの効果があります。

トラネキサム酸

トラネキサム酸も色素沈着によるニキビ跡の改善、また肌のハリや毛穴の開きに効果がある成分です。

 

その他複数のビタミンをイオン導入で浸透させる場合もあり、どういった成分が最も効果が高いのかは施術してもらう場合、そこの医師と相談して決めることになります。

自分で探す場合の探し方はまたお話しますので、もうちょっとお待ち下さいね!

スポンサーリンク

ぶっちゃけ背中ニキビに効果はある?

「化粧水などを表面に塗るだけでは成分が肌の内側まで浸透しにくい」

という問題を解決したのがイオン導入器ですので、普通に化粧水などを塗るだけのときよりも高い効果を実感出来ることが多いです。

 

皮脂の過剰分泌を抑えて肌のターンオーバーを整え、美白作用とコラーゲンを作る作用により、ニキビ跡などにも効果があるとされています。

しかしもちろん、「イオン導入器を使えば他のケアは必要なくなる」……なんてことはありません。

 

悪化の予防や症状を和らげる、改善させるといった効果は期待出来ますが、ニキビを治すならやっぱり基本的なケアも続ける必要があります。

でも、これだけあれば他の部分はガサツにしても大丈夫!という訳ではありません。

 

食生活や生活習慣ももちろん大きく関わりますので、あくまで「補助的なケア、治療法」として位置づけ、ニキビ対策は続けていくことが大切なんですね。

副作用や注意点は?

イオン導入器は基本的に副作用はなく、安心して使えるものではあります。

しかし微弱とはいえ電流を流していることに違いはありませんので、肌への刺激となってしまう可能性は否定できません。

これを回避するためには

  • 連続使用を控える
  • 長時間使うことは控える

こういった注意が必要です。

有効成分を浸透させるためどうしても肌のバリア機能は低下させてしまいますので、

  • 週に1~2回
  • 2~3日は間を開ける

こういった基本を守りましょう。

 

また、もう一つ注意点があります。

 

イオン導入器がそもそも使えない、禁忌の症状がでる方もいらっしゃいます

  • 妊娠中・授乳中
  • 強い炎症がある
  • 治療用の金属(ピースメーカーや骨折時の金具、内臓の補聴器など)を装着している

こういった方はイオン導入器を使うことがそもそも出来ませんので、ご注意くださいね!

その他の方法と併用する場合も

イオン導入器を使ったケアはあくまで補助的なものですので、他のケアと同時に行うことで効率を上げる方法もあります。

専門の病院などではケミカルピーリングという、古い角質を剥がして肌のターンオーバーを進める方法などが同時に行われることが多いです。

ピーリングは専用の薬剤を塗って古い角質を剥がす方法ですが、イオン導入器を使うより確実に大きく肌のバリア機能を失わせるという特徴もあります。

 

また、特殊な施術方法として

「肌のバリア機能がなくなっている=イオン導入器を使うことでより成分が浸透しやすい状態になっている」

状態でもありますので、ケミカルピーリングをしてからイオン導入器を使うという方法が取られているんですね。

 

この状態はいわば、戸締まりをしてないドアに近いと筆者は思います。

肌のバリア機能を大きく下げていることに違いはありませんので、私としてはできれば専門医の元で行うことをおすすめします!

家庭用と専門の病院では何が違う?

先程から専門の病院で受けるものと家庭用のイオン導入器の話がありますが、イオン導入器の基本的な構造・機能はほとんど同じものです。

とはいえクリニックなどで受けるほうが出力が大きい電源を使いますので、イオン導入の効果もより高くなるというのが一般的です。

しかしクリニックなどで施術してもらう場合、導入剤や施術内容によって変わりますがどちらにしても高額な出費は必要となります。

無理をしてクリニックに通うことは必要でないと個人的には思いますので、自分に合った、継続出来る方法を選ぶことが一番だと思いますよ!

家庭用イオン導入器を使う場合の化粧水などの探し方

家庭用イオン導入器を使う場合、導入する化粧水などは自分で探すことになりますよね。

お店などを見てみるとイオン導入向けの化粧水というものがありますので、基本的にはこういったものがおすすめです。

C10 浸透型ビタミンC誘導体10%ローション 120ml 濃厚本舗のものは、こういった商品が5千円ぐらいの相場な中、半値以下で購入できるのでオススメです。↓

導入用化粧水は

  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
  • トラネキサム酸
  • アミノ酸

といったものを多く見かけると思いますが、こういった水溶性の成分が主なタイプはイオン導入器を使う化粧水として適しています。

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • イソフラボン

などは粒子が大きい、またはイオン化しないなどの問題がありますので、導入用化粧水を探す場合は除外して考えておきましょう。

肌の内側にまで浸透させる化粧水となりますから、成分をしっかりチェックして選ぶ、もし怪しい場合は「イオン導入に向いた化粧水」などと書かれてあるものを選ぶなど、注意が必要です。

まとめ

イオン導入器を使ったからといって背中ニキビが必ず改善するというわけではありませんが、効果の高い方法であることは間違いないと思います。

他の基本的なニキビ対策に合わせ、イオン導入器を使ってみることも十分試してみる価値はあるのではないでしょうか!

注意しなければならないポイント(連続使用はNGなど)もいくつかありますので、肌に負担がかかりすぎないよう、背中ニキビを少しずつでもなくしていきましょう!


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*