背中ニキビの汗対策!汗ふきシートで拭く時の拭き方とおすすめグッズ

背中ニキビが出来てしまっていると、夏場、またそれ以外でも汗をかいたときの汗対策は気になるところですよね。

気持ち的にもベタベタしたままの背中は落ち着きませんし、背中ニキビにとっても良くないんじゃ……という気持ちもあります。

 

そんなときに便利な市販品の制汗剤や汗ふきシートはありますが……

これらの商品は背中ニキビがあるときに使って良いのかという疑問もあるんです。過去に私も「ニキビ対策の~~」みたいに、ニキビに対する効果を謳っている汗拭きシートを使いましたが、どういうわけか全く効果なし。

 

むしろ悪くなっているような気もしたのですが、これには深い理由があったのです。

 

今回は

「背中ニキビがあるときの汗対策」

を中心に、汗対策や汗ふきシートの使い方、またおすすめグッズなどを紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

背中ニキビと汗の関係

「背中ニキビと汗はどのような関係があるのか、しっかり合わせた対策を考えるべきなのか」

という疑問について、まず最初に

「背中ニキビがどういう原因によって出来てしまうのか」

から考えてみましょう。

ニキビはシャンプーなどの洗い残しなどが原因の可能性もありますが、基本的には

「皮脂の詰まり」

が原因です。

皮脂が毛穴に詰まることがニキビの始まりとなってしまうのですが、背中は汗腺(汗が出る線)も多く、皮脂の分泌も盛ん。

つまり

「ニキビになりやすい場所」

なんです。

そんなところが汗で濡れた状態で放ってしまうと雑菌や汚れもどんどん集まって、さらにニキビができやすくなるという事は想像に難くないでしょう…。

つまり、夏はもちろんですが、冬なんかは汗も濃くヒートテックなんて着てる場合も多いわけなので、ニキビにとっては本当に楽園のような環境になっているというわけですよ。

また汗が流れると皮脂も一緒に分泌されているため、汗をかいたまま洗わないで肌に残し、放っておくと危険です。

汗をかくこと自体は肌の代謝にとっても良いことなので、むしろ

「汗をかいたあとの対応や汗対策をしっかりしておくこと」

が大切なんですね。

汗ふきシートと背中ニキビの関係。ゴシゴシ拭くのはNG?

汗対策をしっかり行うことが大切なことは分かりましたが、その手段として汗ふきシートを使うのはありなんでしょうか。

結論から言うと、

「基本的に背中ニキビがある場合は汗ふきシートを使わないほうが良い」

になります。

市販されている汗ふきシートはエタノール(アルコール)やパウダーなどが配合されていることが多く、どちらも背中ニキビにとっては良くないものなんですね。

 

アルコールは揮発性があるので肌の乾燥を招く可能性がありますし、パウダーも背中ニキビにとっての

「刺激」

となってしまいます。

 

また、汗拭きシートでニキビ予防の効果があるものは「サリチル酸」というものが使用されていたりするのですが、これは角質を柔らかくして皮脂の放出を促すためのものです。

 

これで場合によってはニキビも改善するのですが、背中ニキビの場合は単に皮脂だけでなく、雑菌の繁殖によってニキビができている可能性もあるので、むしろヘタな刺激を与えて逆効果にもなってしまうのです。

 

このように、汗ふきシートを使うということはそのまま

「肌のターンオーバーを乱す変化を起こしてしまう」

とも言えるんですね。

 

普通の汗ふきシートももちろん気をつける必要がありますが、特に

「ひんやりタイプ」

などは揮発性の高さによって肌の水分も蒸発してしまいますので、やめておきましょう!

 

ちなみに制汗剤の効果は?

「汗ふきシートがダメなら制汗スプレーなら」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが……実は、

制汗剤は汗ふきシート以上に、背中ニキビがある場合はおすすめできません。

 

なぜなら…そのメカニズムに大きな問題があるからです。

制汗スプレーはどうやって汗を抑えているのかというと、汗腺(毛穴)に蓋をして汗を外に出さないようにし、抑えるものなんです。

 

ともすれば制汗スプレーを使うということは、自分から毛穴に蓋をしていることと同じなんです。

ニキビは皮脂の詰まりによって発生しますから、これはどう考えてもニキビにとって良いことがないんですね。

また多くの制汗スプレーは香料やアルコールも含まれていますので、肌に取っての刺激も少なくありません。

もちろん健康な肌に問題が出るような商品は販売されていませんが、背中ニキビがあるときは出来るだけやめておくことをおすすめします!

背中ニキビの汗対策!

お手軽な汗ふきシートや制汗スプレーを否定してしまったので、他に出来る背中ニキビがある場合の汗対策についてお話したいと思います。

インナーをこまめに変える

肌と直接触れ合っているインナーはやっぱり雑菌などが繁殖しやすくなっていますので、こまめにきれいに洗濯した新しいものに着替えることがおすすめです。

女性の場合はブラジャーも汗が溜まりやすいので注意し、また締め付けすぎるのも

  • 刺激となる
  • 汗がより溜まる

などの問題が出てきますので、サイズ調整なども注意しておいたほうが良いですね。

「肌に直接触れる衣類」全てに同じことが言えますので、寝具やパジャマについても同じようにこまめに洗濯してきれいに保つことが大切です。

人間は寝ているときに想像以上に汗をかくというのはよく言われていますが、具体的には「コップ1杯程度の寝汗はかいている」と言われています。

そう考えると、「寝具やパジャマを何日も同じ状態にしておくことは良くない」と思えるのではないでしょうか!

スポンサーリンク

運動を心がける

先程「汗自体は悪くない」というお話もしましたが、運動をして汗をかき、老廃物などを流すことは身体や代謝アップのためにも有効です。

代謝アップは肌のターンオーバーを促進してくれますし、また運動はストレス解消にもなります。

汗をかいたあとシャワーを浴びるなど汗対策を行えばむしろ背中ニキビにとっても良いことなので、ぜひ簡単な運動でも考えてみてくださいね。

通気性の良い衣服を着る

「通気性の良い衣服」と言われるとちょっと分かりにくいかもしれませんが、具体的には

「天然素材を使った衣類」

がおすすめです。

 

化学繊維のものはどうしてもムレやすく、汗をかくと雑菌などが溜まりやすくなってしまうんですね。

毎日のシャツなどももちろん、パジャマなども通気性の良い綿素材などのタイプを選び、汗をかいてもムレにくいものを選びましょう。

あるいは夏場はユニクロやGU、作業服ショップとかで売っている冷感シャツなんかは非常に汗を蒸発させやすくできていますね。こちらは化学繊維であっても、とにかく蒸れにくいのでお肌への負担も軽いですよ。

 

・メンズ用

 

・レディース用

 

また、冬に着込むインナーなども「透湿(汗蒸れなどの湿気を逃がす)」をうたった商品はありますので、ぜひぜひ活用してみてください。

タオルで拭く・低刺激の専用グッズで拭くのもオススメ

汗ふきシートが使えないのでちょっと手間はかかってしまいますが、やっぱりそのままにしておくよりは濡れたタオルでそっと拭いてすっきりしておきましょう。

汗や雑菌を拭き取るだけでも効果はありますので、汗をかいたらこまめに拭くことが大切です。

また「汗ふきシートは良くない」と言いましたが、実は背中ニキビがあっても使えるシートもあるんです。

 

たとえばこういったものですね。

精製水と保水成分であるリピジュアが配合されており、アルコールなどは含まれていません。

 

ですから背中ニキビがある場合や敏感肌の方も、安心して使うことが出来ます(もちろんこれを使った場合も刺激を感じた場合は使用をやめ、様子を見るなり相談するなりしてくださいね)。

一般的な汗ふきシートと違ってスーッとする成分は入っていない分、すっきり感は少し足りないかもしれませんが、安心という面でおすすめです。

このようにアルコールが入っていない低刺激性のタイプ(例えば赤ちゃん用など)でしたら使えますので、参考にしてくださいね!

睡眠の質も影響する?生活習慣にも注目

直接の汗対策ではありませんが、良質な睡眠を取ることによって肌のターンオーバーを正常化に導き、また寝汗の量も減らすことが出来ます。

しっかりまとまった睡眠を取ることはそもそもニキビ対策にもなりますので、睡眠の質を上げる努力はしておいて損もないと思います!

一番多くの方がやっている、そしてすぐに実践できる睡眠の質を上げる方法としては、やっぱり

「寝る前のパソコン・スマホをやめる」

になるんですね。

スマホ画面のブルーライトが眠りを浅くする、寝付けなくなるなどの睡眠トラブルを引き起こすことはもう有名な話ですが……

個人的な感覚でも、寝る前スマホをやめるだけで全然寝付きの良さが違います。

癖になっている、寝付きが悪いからつい見てしまうなど(私がそうです)ついやってしまいますが、出来るだけ画面を見ないようにし、リラックスして入眠できるようにしていきましょう!

 

できればシャワーを浴びるのも◎

汗ふきシートを使うのも手段の一つ!と紹介していきましたが、

できれば、やはりシャワーを浴びれられるのが理想です。

 

汗はお湯を使えば流せますし、石鹸を使っていなくともある程度余分な皮脂を落とせますからね。

 

なのでもしも日中、外で動き回って「汗をかいたな~」と思うのであれば、シャワーを浴びることをオススメします。

 

その際には石けんを使ってアカスリで背中を洗ってもいいですが、ニキビを治すためには

「保湿」

を欠かすこともできません。

 

乾燥は皮脂を過剰に分泌させる引き金にもなりますし、かえって逆効果となりニキビを増やしてしまう事にもなりかねません。くれぐれも、洗いっぱなしになるような事は避けましょうね。

保湿の重要性やおすすめのケア製品に関しては、こちらの記事でも紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

さいごに:汗対策をしてすっきりしながら背中ニキビをケア!

背中ニキビがある場合は、やっぱり汗対策も普段より気をつけたほうが良いことは間違いありません。

とはいえ

「しっかり汗を拭き取る」

というものが追加されているだけで、基本的には背中ニキビがあるときの対策と大きな差はないんですね。

  • こまめに清潔を保つ
  • 刺激のあるものは避ける
  • しっかり保湿を行う

ことを心がけて考えておけば、背中ニキビケアとして大きな間違いもないと思います!


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*