背中ニキビの悪化する原因や過ごし方・食習慣は?毎日のケアにも注目

 

 

「背中ニキビを治したいと思って様々なケア用品を使っているのに、ちっとも効果がない!」

「全然治らない!」

こんな悩みをお持ちの場合、背中ニキビ部分のケアはもちろん必要ですが、

背中ニキビを悪化させる原因(生活や食習慣など)をやってしまっている可能性があります。

背中ニキビを悪化させる原因に気付かずに外側からだけのケアを続けていても、やっぱり思ったような効果は発揮しないんですね。

とは言っても、

  • どんな生活習慣が悪いのか
  • 食べ物で気をつけるべきこと

などなど、背中ニキビを悪化させる原因を正しく知っておかないと、それを回避することも出来ません。

 

今回は背中ニキビを悪化させる原因や過ごし方、また食習慣などを知り、改善していくためのポイントをお話します。

もちろん保湿も大切ですので正しい保湿方法も含め、総合的に背中ニキビを治していく方法を知っておきましょう!

スポンサーリンク

背中ニキビが悪化する原因や習慣などをチェック

背中ニキビが悪化する原因や過ごし方、また食習慣などは様々な方向から見る必要があります。

まずはどれかに自分の状態が当てはまっていないか、気になる原因などを中心にチェックしてみましょう!

運動不足

意外に思われるかもしれませんが、運動不足はニキビを悪化させる原因となります。

運動を行うと汗が出ますが、これによって老廃物なども流してくれているんですね。背中ニキビにケア用のジェルを塗っても効果がない、という場合には最近汗をいつ流したかを思い出してみてください。

 

 

また、お風呂の時間も短くて、毎日シャワーだけ浴びているような場合にも影響を受けることがあります。

 

 

また運動することによって代謝が活発になり、さらに老廃物を溜め込まない身体を作ることが出来ますよ。もちろんその場合には、汗をかくので着替えや発汗の処置を確実にしましょうね。

毎日の生活を振り返って運動不足を感じる場合、まずは簡単なお散歩からでも初めてみるのも良いと思います!

睡眠不足

こちらは有名なので知っている方も多いかもしれません。顔や首のニキビも、単純に寝不足でお肌に悪影響を及ぼします。

ニキビでなくとも

「睡眠不足はお肌の敵!」

なんて、よく言われていますよね。

 

背中ニキビを治すためには肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)を正し、正常にしていく必要があります。

このターンオーバーを促すのは

「成長ホルモン」

と呼ばれるホルモンなのですが、成長ホルモンは寝てからおよそ2時間後くらいから活発に分泌されるんですね。

 

ですから睡眠時間が足りなく分泌される時間が少ない方は、やっぱり肌のターンオーバーが乱れがちになってしまいます。

 

もし、疲れを感じているような中で
ニキビが多く感じるような場合には
ちょっと睡眠環境を整備してみてください。

「ニキビ対策、ニキビをなくしていくためには毎日7時間の睡眠時間が必要」

と言われるくらいですので、夜はしっかり眠って睡眠時間を確保しておくようにしましょう!

ストレス

ストレスは万病のもと。

発散せずに溜め込んでいると自律神経に作用して乱れてしまい、結果ホルモンバランスが乱れてしまう原因となります。

 

そしてホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが活発になりすぎると、皮脂の過剰分泌を促してしまうんですね。

あとは単純に暴飲暴食で、ニキビに悪いとされる糖分や脂質・塩分を過剰に摂取してしまい、その精算がお肌に現れる…ということです。

ストレスと肌トラブルは密接な関係にあり、ニキビでなくとも「肌荒れした」など経験がある方はきっと多いのではないのでしょうか?

 

状況によってはストレスを溜め込まない生活というのも難しいときはありますが、出来るだけ発散していくことが大切なんですね。

ストレスの発散は発汗とも密接な関係があるので、適度な運動をしたり、きちんと温かいお風呂に浸かることもしていくといいですよ。マッサージもオススメです。

 

私も、前までシャワーが中心でしたが、湯船に浸かることで大きく改善されましたよ!

食生活

「マクドナルドで好きなセットを食べたら、次の日思いっきりニキビが増えた!」

なんて経験やお話は、特に思春期ニキビの頃に聞いたことや経験したことがある方も多いのではないでしょうか。

脂っこい食事は皮脂の分泌を促し、ニキビを作りやすい環境を作ってしまいます。ストレスと密接な関係がありますね。

ビタミン不足・ミネラル不足も同様で、食生活も野菜中心の栄養バランスが取れた食事にしていくことが大切です。

 

あとは生活面でいえば、ファストフードやスーパーの特売品の惣菜など、質の低い油分を摂取しすぎないように工夫しましょう。

衣服、髪など

最後に、背中ニキビがあるときは衣服などにも注意しておくことが大切です。

服や下着による擦れが背中ニキビを刺激し、悪化させてしまう原因となっていることもあるのです。

同様にニットなどの刺激、また髪の毛が触れることによる刺激も背中ニキビにとってはよくありません。

刺激をあまり感じない柔らかい素材の衣服を選び、髪の毛が長い方は髪の毛が直接ニキビの場所に触れないように注意しておきましょう!

スポンサーリンク

どうして生活習慣や食習慣が大切なの?

背中ニキビを悪化させる原因、そして改善方法についてまとめてお話してきましたが、いずれも

  • ニキビを作る元を作る
  • ニキビになる肌を作る
  • ニキビを刺激して悪化させる

ということなんですね。

逆に言えば、これらの原因を排除すればそもそもニキビが発生する環境から脱することもでき、ニキビを悪化させるどころか治していくことも可能なんです。

悪化させたくないのはもちろん、そもそもニキビが出来ない背中を作ることができるなら、もちろんそれがベストですよね!

 

これらの生活習慣や食習慣は悪化させないだけではなく、全てニキビを作らない、ニキビを治すためにも必要なことばかりなんです。

「人間の体は、食べた物で出来ている」

つまり、質の悪いものを食べることで自ずと体調もなんだか悪いような…?という減少が起こりやすくなるのです。

 

たとえば、たまの居酒屋での飲酒やおつまみは美味しく感じると思いますが、毎日のようにあれを繰り返していたら健康ドックにガッツリ引っかかってしまいますよね。

 

だから、日頃からきちんと食習慣を見直し、ニキビが悪化しているタイミングだけではなく、今後ずっと改善した生活を続ける必要がある、という訳です。

いきなり全部の生活習慣や食習慣を改善することは難しいかもしれませんが、ちょっとずつでも取り入れてニキビにならないようにしていきたいところですね!

また、そのネタについてはこちらの関連記事で、私の経験をもとに文章に起こしております。

 

背中ニキビには保湿も大事!

悪化させる原因、ニキビを作る原因を取り除くことももちろん大切なんですが、やっぱりニキビケアの基本は

  • 保湿
  • 清潔

です。

保湿もさぼってしまうと一気にニキビが悪化してしまう原因となるため、正しい保湿方法でしっかり行っておきましょう!

正しい保湿方法ですが、

  1. 入浴やシャワーなどで背中を清潔にする
  2. 保湿クリームまたはニキビケア用品など保湿成分が入っている商品をしっかり背中全体に塗っていく

この順番を守ることが大切です。

清潔にしていない状態で保湿クリームなどを塗ってしまうとアクネ菌などを周囲にばらまいてしまうことにもなりかねませんので、

「清潔→保湿」

この順番は必ず守りましょう!

保湿クリームやニキビケア用品は

  • オイルフリー
  • 低刺激
  • 無添加

このようにニキビを刺激しないタイプを選び、それでももし刺激を感じたりしたら違う商品を試してみるくらいの気持ちでいたほうが安心だと思います。

市販の製品も沢山ありますし、中にはお手頃でしっかりとした効果を感じられるコスパ最高なものに出会える可能性もあります。

ぜひ、そのあたりもチェックしていってみてくださいね。

総合的なケアで背中ニキビを改善!

背中ニキビのケアは外側からだけではなく、このように内側にも関わる生活習慣や過ごし方、食生活など含めて、

毎日の生活を総合的に改善していく必要があります。

食べ物は肌を作る元になりますし、睡眠時間やストレスは肌そのもののターンオーバーや皮脂の分泌に大きく関わります。

また、衣服など外部からの刺激、またシャンプーのすすぎ残しなどによる刺激も決して軽く見て良いものではなく、出来るだけ刺激を与えないように注意する必要があります。

 

と、いうことで背中ニキビを治すポイントは大きく3つ。

 

  • 食習慣を見直す
  • 生活習慣を見直す
  • 細かい要因や保湿など基本を見直す

といったポイントに留意して、健やかなお肌を手に入れていきましょう。

 

いきなり全部改善しようとすると大変ですので、まずは項目をチェックし、出来るところから少しずつ改善していくことを私はおすすめします!


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*