背中の赤ニキビの原因とは?赤く腫れて痛い場合の対処法と治し方

背中に赤ニキビが出来ると目立って嫌なのはもちろん、痛みをともなうこともありますので困りますよね。

もちろん日常生活にも響く可能性が出ている状態なので、「少しでも早く何とかしたい!」と考えていらっしゃることと思います。

赤ニキビはニキビの状態が進行して炎症を起こしている状態ですので、少しでも早くから対処することをおすすめします。

ここから更に進行すればするほど治すのも大変になってしまいますので、せめて今の段階で直してしまいましょう!

もちろん赤ニキビを作ってしまった原因も知って、これから作らないようにしていく必要もあります。

今回は赤ニキビの原因、そして赤く腫れていたい場合の対処法などをまとめていますので、赤ニキビで悩んでいる方はぜひご確認下さいね。

スポンサーリンク

赤ニキビの原因とは?

赤ニキビはニキビができたあと進行し、赤くなっている……

 

つまり、

「炎症」

を起こしてしまっている状態です。

 

アクネ菌という皮膚の常在菌がニキビに溜まった皮脂などに住み着き、増えてしまったことにより起こります。

ニキビは初期段階である皮脂が毛穴に詰まった白ニキビ、それが表面に現れ酸化した黒ニキビと続き、黒ニキビが炎症を起こした状態のことを赤ニキビと言います。

赤ニキビを作らないためには赤ニキビになる前の段階で

  • 適切な保湿
  • 清潔を維持する

を心がけることが大切ですが、更に前の段階、ニキビを作らないようにしておくことも大切ですね。

また、

ニキビが背中にできてしまう原因としてはいくつか考えられ、思春期ニキビのように皮脂がどうしても増えてしまう時期も存在します。

しかし思春期ニキビではなく大人になってニキビが出来る「大人ニキビ」の場合、原因は

  • ホルモンバランスの乱れ
  • その原因にもなるストレス
  • 体調の変化

などによるものだと考えられます。

またボディーソープなどのすすぎが足りず薬剤が残ってしまい、毛穴が塞がれることによって背中ニキビとなる……なんていう可能性もありますね。

更に寝具(パジャマやシーツなど)が不衛生な状態ですとやはり雑菌が繁殖する原因となり、そのシーツなどの上で寝ることで菌による炎症なども考えられます。

すすぎ残しやシーツなどの衛生に関しては毎日の生活で気をつけることも多いですので、そういった対策はもちろん必要です。

 

他にも

ストレスやホルモンバランスの乱れが原因だと考えられる場合は

  • 出来るだけその原因を取り除く
  • ストレス解消などで和らげる
  • 規則正しい生活を送る

などの対策を行うことでニキビの原因を減らしていきましょう!

ニキビのできにくい生活習慣は、ポイントを抑えたものをこちらの記事で紹介しているので、チェックしてみてくださいね。

関連記事 → 背中ニキビを撲滅するために私がやっている6つの習慣

 

スポンサーリンク

赤ニキビを抑えるにはどんな成分が有効なの?

赤ニキビは炎症を起こしてしまっている状態ですので、まず何よりも

「炎症」

を抑えることが大切なんです。

ニキビケアの薬を探す場合も、炎症を抑える成分……「抗炎症作用」が含まれている薬を探しましょう。

ニキビケアの抗炎症作用を持つ成分として有効、そして有名なのは

  • サリチル酸
  • グリチルリチン酸

です。

サリチル酸は殺菌作用と角質を柔らかくする作用があり、ニキビケアとしてとても効果が高いのですが、敏感肌やあまりに広範囲に塗ってしまった場合は痛みをともなう可能性もあります。

グリチルリチン酸はそういった過敏反応もない成分で、甘草から抽出されたエキスになります。

サリチル酸やグリチルリチン酸を使ったニキビケア化粧品はたくさんありますので、いくつかご紹介しますね。

①シアクル・ゲルクリーム

シアクル・ゲルクリームは背中ニキビ用の医薬部外品で、赤ちゃんのような肌を目指したい方への商品です。

  • グリチルリチン酸の抗炎症作用
  • トリプルヒアルロン酸とトレハロースの保水
  • コラーゲンの保湿
  • 水溶性プラセンタエキスの美白アプローチ

などの効果により、ニキビがないきれいな背中を作っていけるジェルです。

②アクネバリア 薬用プロテクト

アクネバリアの薬用プロテクトはハーブの力で潤いを守り、ヒキビをケアする医薬部外品です。

グリチルリチン酸と様々なハーブが乾燥から肌を守り、ニキビのない肌を作ります。

私もこの製品を使ったことがあるのですが、顔のニキビなどにも効果てきめんですのでオススメです!

 

ただし、背中ニキビに使うにはやや量がすくないかも…。

③ネクア 薬用トーニングローション

薬用トーニングローションは様々な肌のタイプに対応した、天然と化学、そして天然の香りの力でニキビを作らない肌を作る医薬部外品です。

サリチル酸とグリチルリチン酸、そして様々な天然素材のエキスが肌を健やかに保ち、ニキビのない肌に変えていきます。

 

また、

炎症がひどい場合は自己判断せず、皮膚科を受診して症状に合った薬を処方してもらうほうが確実に炎症を抑えられる方法です。

この場合ステロイドなど強い薬が処方されることもありますので、用法用量を必ず守って塗るようにしてくださいね。

副作用は?

まず、サリチル酸には注意しましょう。

サリチル酸には先程もお話した通り過敏反応を起こす可能性がありますので、ひどい赤ニキビや広範囲のニキビの場合は注意が必要です。

また皮膚科でステロイドなどをもらった場合は薬剤師さんの説明もあると思いますが、長期間の連続使用は良くなく、皮膚の萎縮、皮膚が薄くなるなどの副作用がありますのでご注意下さい。

基本的に市販で買えるニキビケア商品に重大な副作用はなく、副作用の心配があるような皮膚科でもらえる薬は事前に薬剤師さんからきちんと説明してもらえます。

しかし、

万が一皮膚に異常などあった場合は速やかに使用をやめ、皮膚科や薬剤師さんに相談するようにしてくださいね。

アレルギーが原因で赤ニキビが起こっている場合も

アレルギーというと花粉症などが有名ですが、アレルギーが原因で背中ニキビが発症し、赤ニキビになっている場合もあります。

この場合原因となる物質が背中の毛穴に入り込み、それに反応して炎症を起こしている状態ですので、アレルギーの原因を取り除かなければなりません。

最も多い原因としてはアクネ菌の出した排泄物などがアレルゲンとなるパターンで、これに反応してしまい毛穴が炎症を起こします。

またダニなどの糞や死骸などがアレルゲンとなり、毛穴が炎症を起こす場合もあります。

特に布団やシーツ、パジャマといった寝具にダニが発生していると炎症を起こしやすくなるので、注意が必要です。

アレルギーの場合の対処法は?

アレルギーが原因の場合の対処は、花粉症の方がマスクをするのと同じ、アレルゲンを取り除くことになります。

とはいえアクネ菌は皮膚の常在菌ですので、取り除くのはアクネ菌の栄養源となる皮脂、そしてダニやその糞などになります。

皮脂の分泌を抑えるためには常に清潔に保って保湿を行うこと、そして食生活の改善になります。

また、

ニキビに良いとされる栄養素と、それらを摂取できる食材は以下のようになりますので、ぜひ毎日の食生活の参考にしてください。

ニキビに有効な栄養素
<ビタミンA>にんじん、ホウレンソウ、カボチャ、しその葉、うなぎ、レバーなど
毛穴の詰まりを解消し、お肌のターンオーバーを促す。また、皮膚や粘膜のうるおいを保つ。

<ビタミンB₂>卵、乳製品、レバー、うなぎ、藻類など
角化を調整し、皮脂の分泌を抑制する。肌の状態を正常に保つ。

<ビタミンB₆>まぐろ、かつお、鶏ササミ、にんにくなど
新陳代謝を促し、新しい肌の形成に関わる。ビタミンB₂と共に皮脂の分泌を抑制する。

<ビタミンC>緑黄色野菜、果実、芋類など
コラーゲン線維の生成促進、メラニンの生成抑制、抗酸化作用で美肌を保つ。

<ビタミンE>レバー、うなぎ、かつお、緑黄色野菜など
高い抗酸化作用を持ち、血液の循環を改善する。ビタミンCとの相乗効果が高い。

<ミネラル>
カルシウム…チーズ、牛乳、キャベツ、にんじん、イチゴなど
マグネシウム…穀物、昆布など
亜鉛…牡蠣、カシューナッツなど
ホルモンバランスを整える、お肌のターンオーバーを促進する。

<コラーゲン>鶏皮、鶏軟骨、牛筋肉など
アミノ酸として吸収され、新しいお肌を作る材料となる。酸素や栄養素を細胞に届ける。

<食物繊維>サツマイモ、ごぼう、キノコ類、豆類、藻類
便秘や肥満の予防、脂質代謝を調整する。
(引用元 スキンケア大学:http://www.skincare-univ.com/article/000172/)

 

などなど…幾つもの食べ物がありますが、安価に販売されている人参やレバー、にんにく、鶏ささみなどはぜひ明日からでも食卓に活用していくことをオススメします!

 

また寝具などを常に清潔に保ち、ダニなどが増殖しないように注意しておくことも大切です。

 

炎症を起こす原因がなくなればアレルギーによる赤ニキビもなくなっていきますので、出来るところから対策を始めていきましょう!

まとめ

赤ニキビの場合はニキビ跡が残ってしまう可能性もありますので、出来るだけ適切なケア、そして皮膚科を受診することをおすすめします。

また、炎症を起こしているのですから、今回紹介したような赤ニキビの対処方法である抗炎症作用のある成分が入っている薬を塗ることもおすすめです。

 

まずは赤ニキビの症状である炎症を抑え、そして保湿と清潔を心がけて治していきましょう!

抗炎症作用としてグリチルリチン酸とサリチル酸をおすすめしましたが、ジュエルレインにはどちらも配合され、また保湿成分もふんだんに含まれています。

ジュエルレイン自体は即座に赤ニキビを治す力があるわけではなく、肌を正常にするものです。

しかしこういったニキビケアを行いつつ赤ニキビをなくし、食生活に気を遣って行くことで確実にニキビは治していけますので、出来る範囲から頑張っていきましょう!

→ 安心の60日間返金保証のジュエルレインで完璧なニキビケアに挑戦してみる!


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*