リプロスキンの背中ニキビへの効果と副作用は?治るまでの期間と使い方

ニキビやニキビ跡にはリプロスキンという化粧水が有効って、よく聞きますよね。

ニキビ跡のケア満足度96.1%、ニキビ・ニキビ跡ケア化粧品の5つの部門で1位獲得(公式サイトより・日本アクネケア化粧品研究所調べ・2016年6月)と、評価も高い化粧水です。

それを聞くと気になるのが

  • 背中ニキビにも効果はあるのか
  • そんなに効果のある化粧品なら、副作用もあるのでは?

こういったところだと思うんです。

 

顔に効果のある対策用ケアローションなんかはたくさんありますが、背中に塗っても効果がないってよくありますからね(オードムー○とか、筆者は一時的にしか効果ありませんでしたし…。)。

だから、リプロスキンの背中ニキビに対する効果にも、ちょっと疑いの目をもってしまうという訳です。

 

またもし使えるなら

  • きちんとした使い方
  • 完治するのにどのくらい時間がかかるのか

このように使っていく上でのポイントも押さえてから、実際に使ってみるか考えてみたいですよね。

リプロスキンの気になるポイント、そして使い方などをまとめてチェックしてみましょう!

スポンサーリンク

リプロスキンは背中ニキビに有効?

まずここですよね。

最初に答えますと

「有効」

です。

しかしどちらかと言うと、商品でも謳われているとおり

「ニキビ跡のケア」

が本命ですので、ニキビがひどいときはジュエルレインなどニキビケア用品がいいかなと個人的には思います。

製造している会社は同じ「ピカイチ」という所なので、同社の製品を併用すれば最もベストな効果を得やすいでしょう。公式でも推奨されているみたいです。

→ ジュエルレインを実質無料で入手する方法

 

リプロスキンはニキビケア成分ももちろん入っていますが、それよりも

  • ニキビ後の肌のケア
  • またニキビを作らないための肌作り

が目的なんですね。

 

ニキビができる原因は皮脂の過剰分泌などですので、残念ながらニキビを治しても肌の状態が改善されない限り、またできる可能性が高いんです。

この部分をケアしてニキビを作らない肌に変えていく、こういう意味での「完治」が目的なんですね。

 

だからまず、肌を改善しなければならないという観点からすれば

リプロスキンは地道ながら最終的には

キレイなお肌が手に入れられるものになるはずです。

 

肌そのものを変えていくので、ニキビ跡なども長い年月をかければ消えていく可能性はもちろんあると思います!

→  Reproskin(リプロスキン)

リプロスキンとは具体的にどういう化粧水なの?

リプロスキンは背中ニキビにも有効、ただし本番はニキビが治ってからというお話は先程しました。

でも、そのような効果を持つリプロスキンはどういう化粧水なのかが分からないと、本当かどうか疑っちゃいますよね。

ですから次は、リプロスキンがどういう意味で有効な化粧水なのかを確認してみましょう!

 

リプロスキンは「ブースター美容液」「導入型柔軟化粧水」など呼ばれている、

「肌へ浸透させる化粧水」

です。

 

具体的にどういうことか?

どんな成分が含まれているのか?

 

独自の浸透技術向上技術

「ナノBテクノロジー3.0」

というナノ乳化技術によって成分のサイズをコントロールし、より肌に浸透しやすい小さなサイズの成分になっているんですね。

これによって肌の内側に成分が浸透しやすく、その分もちろん効果も発揮できるようになっているんです。

 

専用特殊成分「ブースター」にも注目!

また小さくしているだけではなく、「ブースター」という水にも油にもなじむ成分を肌に入れ込む技術も使われています。

どんなに良い効果がある化粧水もただ肌の上に塗っているだけで浸透しなかった場合、思った効果を得ることができないんですね。ところがリプロスキンはこのブースター技術により、有効成分をしっかり角質層まで届けることが出来ます。

リプロスキンの有効成分ですが、

  • グリチルレチン酸ジカリウム
  • プラセンタエキス

が含まれています。

グリチルレチン酸ジカリウムはニキビの炎症を抑えて再発をさせない肌を作る成分、プラセンタエキスはメラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ美白成分です。

肌のターンオーバー(生まれ変わり)が乱れている肌は柔軟性が足りず、その分有効成分をつけても浸透しにくい状態になっています。

リプロスキンはその状態を改善してしっかり肌に有効成分を浸透させることを目的としているので、効果も高いんですね。

ここまで完璧でもちょっとデメリットはある

でも今までのお話でお気づき化もしれませんが、リプロスキンはひとつ、大きなデメリットもあります。

それは

すぐに効果を発揮しない

製品だってことです。

 

リプロスキンは肌の状態を改善して有効成分を浸透させ、ニキビを作らないきれいな肌を作ることが目的です。

ですから

「今すぐ出来てしまってるニキビやニキビ跡を治したい!」

という方には、残念ながら不向きなんですね。

 

でも、どうでしょう?

即効性のある医薬品なんかはだいたい副作用の強い「ステロイド」が入っていますし、そういうものに頼ってばかりではイタチごっこ。それに体が薬に順応してくるので、それすらも効かず悲惨な状況になってしまいますよ。

 

ちなみに筆者はそれが嫌でしたので、根本から直すケアに切り替えてこういうものをおすすめしている、という事もあります。

 

とはいえ長い目でニキビを作らない、きれいな肌にしていくことは間違いなく有効ですし、言い換えれば大器晩成型。資産のようにニキビのできない背中を創り上げることができるイメージなんです。

そういった場合は早く効く方法を試しつつ、リプロスキンを使い続けてみるのもひとつの手だと思いますよ☆

リプロスキンには副作用はある?

化粧水などを使う場合にどうしても気になる副作用ですが、リプロスキンは

「ノンコメドジェニックテスト」

というテストを済ませています。

ノンコメドジェニックテストとは何かというと、

「含まれている化粧水の原料をチェックし、コメドと呼ばれる初期ニキビを誘発しにくいという証明をする」

試験なんですね。

 

まあ、ニキビ対策でニキビを作ってしまっては

元も子もありませんから。笑

 

とはいえ確実・絶対とは言い切れませんが、その可能性が出来るだけ減らされた商品であることは間違いないんです。

また無添加、パラベンフリー、日本製というのもひとつの安心ですし、リプロスキンは医薬部外品です。

医薬部外品は

「化粧品より効果が高く医療品より作用が緩やか(=副作用も少ない)」

という分類ですので、医薬部外品であることも安心できる一つの要素だと思います!

どのくらいかけて治す?

リプロスキンはニキビに即効性があるわけではないというお話はしましたが、どのくらい使えば治るのかというのも気になるところですよね。

これについては肌がどうやって作られていくかという基本

「肌のターンオーバー」

のお話から必要になります。

肌は身体の内側から作られ、いくつもの層になっていてこれが少しずつ押し上げられ、一番表の皮膚になり、最後は垢となって剥がれ落ちます。

このターンオーバーサイクルを一周するのには個人差や年齢差はありますが、

およそ1~2ヶ月

が一般的です。

逆に言うとどれだけ効果の高い化粧水を使いはじめたところで、しばらくの間はそれ以前に作られた「ニキビになりやすい肌」が表に出てくるんですね。

ですからお肌のケアを実感できるのは早くて1ヶ月、遅くて2ヶ月頃だと思っておいたほうが良いんです(もちろん個人差・受け取り方の違いなどはあります)。

 

また、

ターンオーバーが正常化され、浸透しやすい肌となった状態できちんとケアを続ければ、小さなニキビ跡などはもちろん改善してニキビが消える可能性もあります。

このため、リプロスキンの公式サイトでは

60日間の返金保証制度つき

で、リプロスキンを購入することが出来ます。

効果があるのかどうかしっかり判断し、もし肌に合わない、効果が出ないなどがあれば返金してもらえる制度なので、安心して試してみることが出来ますよ!(^-^)

 

このあたりは姉妹品のジュエルレイン も無料なので、セットでお試しをしたほうがより効果を実感できるかなと思います。

まあ、言ってしまえば実質無料なので、この際両方申し込みしちゃいましょう!笑

 

明らかなクレーター状のニキビ跡になりますとよほど年月をかけるか(それでも保証は出来ませんが……)、レーザー治療などをおすすめします!

→  Reproskin(リプロスキン)

リプロスキンの使い方

リプロスキンは効果の高い化粧水ですが、やっぱり正しい使い方をしないと効果もしっかり現れず、無駄に使ってしまうこともありえます。

そんなことにならないよう、最初にしっかり使い方を把握しておきましょう!

リプロスキンを使う前にやっておきたいこととしては

  • 清潔にする
  • 温めておく

になります。

どうして温めるのかというと、冷たい状態よりも温かい状態のほうが有効成分が浸透しやすくなるからです。

できれば化粧水を塗る手も温めておきたいところなので、これを全部こなせる

「入浴後」

がおすすめですね!

リプロスキンを手に取った後もすぐに背中に塗るのではなく、少しの間手のひらでじんわりとリプロスキンを温めると、より効果を発揮できるようになります。

手で塗りにくい場合はコットンなどを使っても良いので、しっかり浸透させるようにじんわりつけていくのが個人的にはおすすめです。

 

リプロスキンをつけ終わったら、更に美容液やクリームなど保湿成分が含まれているものをつけておくと、更に効果を高めることが出来ます。

まとめ

ニキビケア用品は薬のようにニキビそのものの炎症を抑えることを一番に考えられているタイプ以外は、リプロスキンのように

ニキビを作らない肌

を目的として考えられていることがほとんどです。

効果がすぐに出ないと心配にもなってしまいますが、期間をかけてでもニキビを作らない肌に変えていくことは「完治」のためにも必要ですよね。

ニキビを作らないようにするため、柔軟性のあるきれいな肌を目指すためにも、リプロスキンは有効ですのでぜひおすすめです!

→  Reproskin(リプロスキン)


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*