消えない背中ニキビ跡の治療法は?色素沈着やオススメな赤みの治し方

背中ニキビはそもそも見えない部分に出来てしまうため、気がついたときには大分悪化している状態……なんてこともよくあるんですね。

そうなると残ってしまうのがクレーター状のような凸凹、シミにような色素沈着や赤み……いわゆる

「ニキビ跡」

です。

 

もちろん背中ニキビを作らないよう、悪化させないよう今後は心がけることは間違いありませんが、ともあれ出来てしまった背中ニキビ跡もなんとかしないといけませんよね。

大丈夫です、自分に合った背中ニキビ跡の治療方法をきちんと行えば、ニキビ跡もしっかり治していくことが可能です!

 

では、

背中ニキビ跡の治療方法はいくつかありますので、その中でもおすすめの治し方をいくつか紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

一口に「背中ニキビ跡」とは言いましたがニキビ跡にはいくつか種類があり、それぞれで効果の高い治し方も違ってきます。

当然、背中ニキビも一緒ですね。

 

ですからまずニキビ跡にはどんなものがあるのか、どういった原因でニキビ跡になっているのかを把握し、その上で自分の背中ニキビ跡に合ったケアを考えていきましょう!

色素沈着・ニキビ跡の治し方は?

色素沈着のニキビ跡は黒っぽい色や茶色、また紫色の場合もありますが、どの場合もシミのようなニキビ跡として残っているタイプを指します。

色素沈着タイプは赤ニキビなどが出来ているタイミング、また肌のターンオーバーが正常に働いていないタイミングで日焼けなどをし、メラニンが肌に残ってしまったことが原因です。

 

対策としては外側からしっかり美白化粧品などでケアしていくこと、そして内側からは食生活の改善やビタミン系サプリの摂取などがおすすめです。

赤みが残っている場合

ニキビ跡が赤くなっている場合もありますが、この場合はニキビの部分がうっ血して赤くなっているため赤みとして残っています。

ニキビ跡の症状としては比較的軽く、肌のターンオーバーを整えていくことで背中ニキビ跡を消していくことが可能です。

 

古い角質を落とす、化粧水の浸透をより良くするためにも化粧水前の「ブースター化粧品」がおすすめです。

ブースター化粧品を使うことによって肌を柔らかくし、化粧水の浸透を助けてより美白成分や保湿成分を届けることが可能になります!

凸凹のニキビ跡はどうする?

ニキビ跡としては最もやっかいなものが凸凹の状態……いわゆる「クレーター状」などと言われるニキビ跡です。

ニキビを悪化させてしまった場合やケア方法を間違ってしまった場合などに起こるニキビ跡で、皮膚の真皮が破壊されてしまっています。

 

特に複数の毛穴が繋がってしまう「毛包周囲瘢痕」は紫ニキビまで進行してしまった場合の跡。

完璧に治すのには結構な費用や時間がかかることを覚悟しなければなりません。

 

なお、軽度のクレーター状の場合はケミカルピーリングなどで改善も可能ですが重症の場合はセルフ治療だけで治すことは難しく、医療機関や専門クリニックなどに相談をおすすめする状態です。

レーザー治療について!

背中ニキビ跡も含むニキビ跡の治療として最も人気が高く、そして確実に効果もあると言われているのがレーザー治療です。

特にクレーター状のニキビの場合はセルフ治療が難しいです。

なので、必然的にレーザー治療で治していく方法をとるのが一般的なんですね。

 

ニキビ跡というのは肌の表面だけではなく内側の真皮層にまで傷がついてしまったために起こりますので、表面だけのケアではなかなか治すことが出来ません。

レーザー治療はこの傷ついた真皮層まで届いた治療を施すことが出来るので、ニキビ跡の治療法としてもっとも効果が高いというわけなんです。

クレーター状の場合はもちろん、色素沈着タイプの場合も傷がついていることに変わりはありませんので、レーザー治療はおすすめです。

 

では、どういう治療をしていくのか?

どういう治療をするの?

レーザー治療で背中ニキビ跡を治療する場合、最も効果の高いものとして

フラクショナルCO2レーザー

というものがあります。

 

フラクショナルCO2レーザーは皮脂の分泌や肌のターンオーバーを整え、本人が持っている「自己治癒力」を利用して肌を再生させるレーザー治療方法です。

レーザーメスにも使われている炭酸ガスレーザーを使い、陥没部分に小さな傷を作って傷の再生を促し、自然に皮膚が治る働きでクレーター状のニキビ跡も塞いでいくことが可能ですね。

ニキビ跡だけではなくニキビにも効果があり、またターンオーバーを整えていくことでニキビができにくい肌を作ります。

しかし、

これは傷をつける方法ですので(もちろん麻酔は行われますが)痛みが伴う場合もあり、個人差もあるので「かなり痛かった」という場合も……。

イメージ的には、全身脱毛のような感じでしょう。

 

あまりに痛い場合は医師と相談してみるなど、対策も考えておいたほうが良いですね。

ちなみに施術回数は一般的には3~5回、費用はそのつど30,000円から50,000円程度になります。

背中ニキビや背中ニキビ跡の状態にも左右されますし合計するとかなりの出費となりますので、事前にしっかり相談して納得してから行うようにしてくださいね!

スポンサーリンク

その他の背中ニキビ跡治療法

レーザー治療はお金もかなりかかるしできれば違う方法を……という方ももちろん多いですよね。

これからレーザー治療以外の治療法もまとめていきますので、最初のニキビ跡の種類も踏まえ、自分に合っている方法、使えそうな方法をチェックしてみてください!

治療に効果的な薬を使う

まず最初に市販で薬を探す場合ですが、背中ニキビ跡の治療のために探す場合に有効な成分としては

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • サリチル酸

この2つの成分が入っているタイプを選ぶことをおすすめします!

 

グリチルリチン酸ジカリウムは漢方の甘草という植物の根から取り出された成分で炎症を沈める抗炎症作用があり、ニキビの炎症を改善することが出来ます。

サリチル酸は角質を溶かして柔らかくし、角栓を除去する効果があります。

もちろん、背中ニキビ跡にも有効です。

 

これらの成分は背中ニキビ用のケア用品に含まれていることも多くありますので、お手持ちのケア用品がありましたら一度チェックしてみても良いかと思いますよ!

皮膚科で処方される場合はビタミン剤やレチノイド製剤が多く、ビタミン剤は色素沈着タイプのケアにもよく使われています。

レチノイド製剤はニキビの発生を抑える薬です。

化粧品などにも美容成分としてよく使われている成分ですね。

 

その他背中ニキビがある場合は抗生物質や抗真菌剤などが処方されることもありますが、皮膚科から処方される場合は医師や薬剤師さんから説明がありますのでしっかり聞くようにしておきましょう!

またニキビ治療としてホルモン療法を行うこともありますが、ホルモン療法は効果も高くはありますが副作用など注意も必要であり、行う場合はしっかり医師に相談することをおすすめします。

 

ニキビ治療薬のさらに詳しいお話などについてはコチラの記事でも紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

化粧品

化粧品にも背中ニキビ跡、ニキビ跡に有効なものが多くありますので、ちょっとでも背中ニキビに良いものを探していきましょう。

化粧水の前に使うブースター化粧品や美白タイプの化粧品、ターンオーバーを整えニキビを作らない肌を作るためにもしっかり保湿成分が入っている化粧品がおすすめです。

特におすすめの成分として

  • セラミド
  • コラーゲン
  • プラセンタ
  • ハイドロキノン
  • トレチノイン
  • ビタミンC

などがありますし、こちらの成分も背中ニキビ専用ケア用品に含まれていることも多くありますので確認してみましょう!

またブースター化粧品はイオン導入を行うことで更に効果を高めることが出来ますし、イオン導入器も現在は安く販売されています。

ぜひイオン導入も一度検討してみて、合わせてチェックしてみましょう!

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは専用の薬剤や石鹸を使って古い角質を強制的に剥がし、そうすることによって肌の生まれ変わりを促進させることを言います。

ピーリングによって肌のターンオーバーを促進して生まれ変わらせ、古い角質や皮脂などがないきれいな状態を作っていくことでニキビ跡の赤みなどを消していくことが目的です。

 

フルーツ酸やサリチル酸など酸性の薬液などを使うことが一般的ですが、ケミカルピーリングは肌のバリア機能を低下させるなどの可能性もあります。

エステや専門クリニックなどでアフターケアも合わせて施術してもらう、自宅で行う場合は肌の様子を見ながら無理のないように行うなどの対策が必要になります。

 

作り方や、実際の使い方はこちらの記事でも紹介していますのでチェックしてみてください!

美容オイルも効果あり

また、ここまで紹介してきたものの他に、美容オイルを使うのも筆者個人的にはオススメです。

たとえばこちらの商品。

 

こちらはクナイプビオオイルと言って、雑貨屋さんでバスソルトや入浴剤ではよく見かけるメーカーが作っているオイル。

 

100%エッセンシャルオイルですので、純度と効果ともにバツグン。

 

普通保湿目的でオイルは使うことがあると思いますが、こちらはニキビ跡にも効果てきめん!背中はモチロン顔や全身にも使えるのが非常に素晴らしいと思いますね。

 

乾燥に対して効果的に保湿ができる「エモリエント効果(角質を柔らかくし、皮膚に潤いや保湿力、柔軟性をを持たせる)」を期待することができますし、普通の「ホホバオイル」などに比べ、

  • 保湿をする
  • 皮脂に近い成分なので安心

といった特徴の他に、

  • グレープフルーツシード(種)を使っているので美肌効果が高い
  • ほんのりグレープフルーツの香りもついていてお得感がある

といったメリットもあります。

 

もしも他のもので納得が行かなかった場合、ぜひ検討されてみてはいかがでしょうか?

エステは?

背中ニキビ跡の治療方法を探しているとエステにたどり着くこともありますが、エステで主に行う治療方法はピーリングやイオン導入、フォトフェイシャルなどになります。

 

いずれの治療も

「医療機関よりは効果も優しく副作用も安心出来る、自宅でセルフ治療するよりは効果が高くアフターケアや相談にも乗ってもらえる」

というメリットがあります。

 

しかしエステは場所によって金額も大きく違いますが決して安くはなく、効果の高い治療を求めるとやっぱりその分治療費も高くなります。

エステで治療する場合は事前にしっかり計画・相談し、無理のないように進めていきましょう!

まとめ

背中ニキビ跡は特にクレーター状などを見かけると本当に頭を抱えて悩むことになりますが、今回ご紹介した方法など、治療法はもちろんあります。

大切なのは自分の背中ニキビ跡に合わせた治療法を適切に行うことであり、今後の背中ニキビを出来るだけ作らないようにしていくことだと私は思います。

レーザー治療など少し高額になってしまうものもありますが、背中ニキビ跡は出来てしまったからと言って決して諦める必要はありません。

少しずつでも出来るケアを行い、背中ニキビ跡を消してきれいな肌を取り戻していきましょう!


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*